太陽熱の高効率利用に向けた遷移金属窒化物ナノ構造による光熱交換

石井智
(国立研究開発法人物質・材料研究機構
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 主任研究員)

2017年10月30日月曜日

ネパールでの国際学会

10月第2週はネパールの首都カトマンズで開催されたICFNN-2017という国際学会に参加しました。初めてのネパール。始めはでこぼこしていて信号のない道路に衝撃を受けましたが、活気溢れる街にいるだけで街の勢いを感じることができ、新鮮な気持ちになりました。

学会会場は五つ星ホテルのホール。以前は貴族のお屋敷だったそうで、趣のある建物と広々とした庭は立派でした。学会は平行して行われる口頭発表が2つの行われるこじんまりしたものでしたが、材料分野の大御所の先生が何人もいらしていて、期待以上の学会でした。規模が小さいので参加者と話しやすく、その点もよかったです。自分の招待講演では、窒化チタンナノ構造を使った光電変換と光熱変換の最近の成果を概説しました。


0 件のコメント:

コメントを投稿