太陽熱の高効率利用に向けた遷移金属窒化物ナノ構造による光熱交換

石井智
(国立研究開発法人物質・材料研究機構
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 主任研究員)

2015年2月23日月曜日

1,2月

続けて、近況報告を記します。

1月は、まず24日にプラズモニクス研究会で米国Purdue大学の共同研究者と行っている光導波路の研究成果を発表してきました。また月末に行われたnano techでは、所属研究グループの主要テーマの一つであるプラズモニクスを用いた光熱変換についてポスター展示を行いました。予想外に企業の方々に関心を持っていただけたのが新鮮でした。

そして、今月はコニカミノルタ科学技術振興財団からコニカミノルタ画像科学奨励賞の優秀賞決定のご連絡をいただきました。受賞テーマは極薄平面レンズの開発で、研究の一部は香川大学の山口先生との共同研究です。授賞式は来月行われます。財団の方々には我々の研究を評価していただいたことに感謝しております。ありがとうございました

0 件のコメント:

コメントを投稿